2020SS PITTI IMMAGINE FILATI 84

2020SS PITTI IMMAGINE FILATI 84

こんにちは。

 

今回は 2019.01.23~01.25に行ってきた PITTI IMMAGINE FILATI 84 の様子をご紹介します。

 

1989年1月、Pitti Immagine Uomo、Bimbo、Casaとともに開催されたPitti Immagine Filatiはなんと今年で30周年。

記念すべき30年目に掲げられた2020年SSのテーマ『スポーツ』『極東』そして『サブカルチャー』でした。

2020年に東京で開催される夏季オリンピックがPitti Immagine全体のインスピレーションとなり、ビジュアルカルチャー全般に強い刺激を与えています。

 

テーマカラーや具体的なイメージを創りあげる6つのサブテーマもスポーツに関連しています。

 

 

テーマカラーを色味別にまとめるとこんな感じ。

昨年に比べイエロー~グリーンのバリエーションが豊富になりました。

ブルー系はダスティなものが多いように思います。

ベースとしてアースカラーが継続しており、アクセントとしてネオンカラーがあり、自然と都会が融合したような印象を受けました。

面白いのは純粋なホワイトとブラックが入っていないところ。今回は無機質さはあまり必要無いようです。

 

 

続いてコレクションやブースで多く見られたトーンや配色。圧倒的に目立っていたのはネオンカラー

スポーティさだけでなく、『東京のネオン街を表現しているんだよ』なんてコレクションもありました。

 

 

キッチュなカラーリングや、ソフトカラー寄りのパステルカラーも多くありました。

 

 

そして今回特に印象強かったのは素材について。

どこもかしこも『エコ!リサイクル!オーガニック!BIO!』

前シーズンに増して、環境配慮や原料背景のトレーサビリティーを謳った糸のなんと多いことか。もはや着手していないメーカーは無い、というレベルでした。

農薬不使用の綿や麻、在庫糸や製品を粉砕して再生したリサイクルカシミヤ、土に還るビスコースだけでなく、蚕蛾の羽化を待って(蚕を殺さないで) 作ったシルクまで!

原料背景のほか、牧場、農園、工場で働く人たちの労働条件や労働環境の整備までも規定とした、GOTS認証をアピールするメーカーも数多くありました。

 

ちなみにシルク、綿、麻といった春夏素材に、 ウール、カシミヤといったた秋冬素材を合わせた混紡糸も再び増えたように感じました。

 

 

それでは最後に、見ているだけで楽しくなる編地をどうぞ。

植物や波などネイチャーモチーフに、どことなく毒々しい配色を合わせたジャカード柄。

 

 

編み柄と色、ダブルによる切り替えタイプのボーダー。

 

 

スポーティさとダサさが共存するアルファベットロゴのジャカード。

 

次回は3月の上海SPIN EXPOです。

お楽しみに。

PERU レポート! ALPACA FESTA

PERU レポート! ALPACA FESTA

Hola!!  2018.10.22~26
飛行機に揺られること合計33時間。約2日かけて
ペルーの第2の首都とも言われるアレキパに行ってきました!
アレキパの街内は、白壁がおしゃれな街。
白い都市とも言われるアレキパの街の中心は白い火山岩で建てられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそこは・・・・標高2,000m!
ちょっと小走りするだけで、息が切れてしまいます。。。。(太っているからではありません!笑)
到着して、早々に私はここPERUで4日間も
過ごすことが出来るのか・・・不安になりました。

さて!今回はなぜ日本から15,501 km離れたPERUに行ったかというと・・・・
4年に1回開催されるALPACA FESTA(アルパカフェスタ)に参加するためです!
4年に1回って・・・何だかワールドカップみたいですよね 🙂

PERUの紡績メーカー/雑貨メーカー/アパレルメーカーが集まる展示会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会を見てまわるだけでなく、ALPACA FESTAで
今回ビキューナの貴重な毛刈りを見ることが出来ました!!

なので今回の記事は、PERU出張で一番感動した
ビキューナの毛刈りをメインに
書きたいと思います!

標高4,300mのイマタという場所まで(アレキパ市内から車で3時間)
行ってきました。車から降りた瞬間は・・・・忘れません。
全然体が思うように動かないんです。。。。
息も吸うことが出来なくて、体も重く感じました。
そう高山病ですね!

ただ景色は広大で素晴らしかったです。

 

 

 

こんなに雲が近いのを見たことがあるでしょうか?

お待ちかねの~毛刈りのシーンですが動画にしたのでご覧ください!!

 

いかがでしたでしょうか?
感想お待ちしております!

また次回の記事でお会いしましよう!!

 

 

2019-20AW 上海SPINEXPO

2019-20AW 上海SPINEXPO

2018.09.04~09.06 に上海SPINEXPO の展示会に行ってきました。

原材料の高騰により糸値の変動も大きいですが
糸がなくちゃ何も始まりません!
という事で、早速展示会の様子を紹介していきます。

 

今回はアイスランドやペルー、パリ、東京、などの
風土、文化、風景からインスピレーションを受けたテーマで構成されていました。

 

①ICELANDIC FAIRYTALE
このカラーパレットはアイスランドの氷河や火山など、自然の風景に見られるような美しさから引き出されています。

苔のように柔らかいループ糸、芝生のようなシャギー、濃い霧のようなフェルト状の素材、輪郭がぼやけた微起毛糸、など
アイスランドからインスピレーションを受けた糸が提案されています。





 

 

②PARISIAN ROMANTIC
現代的で歴史的なパリの建築とインテリアは、このパレットに見られる柔らかい白亜の色彩と輝く金属質をロマンチックに演出しています。

ラメやスパンコールなどのキラキラした素材とモヘヤの混合、高級クラブのベルベットなインテリアのようなシェニール糸や毛皮のような素材、パリの現代建築に見られる窓やガラスを彷彿させる軽量ラメ糸、などが提案されています。




 

 

③PERUVIAN BOHEMIA
レインボー・マウンテンの明るい丘とペルーの伝統的なテキスタイルが、この強力で陽気な色を作り出しています。

レインボーマウンテンのような鮮やかな色の組み合わせ、カラフルネップなどの糸が提案されています。




 

 

④TOKYO SHRINE
青々とした庭園と美しい日本の神社は、紅葉の赤を対照的に浮かび上がらせ、晴れた日の富士山のような青も強調されています。

ペーパーヤーンによる紙吹雪や羽毛のような表面、細かい幾何学模様の連続、上品に配されたラメ糸など、日本の建物や文化からインスピレーションを受けた糸があげられています。




 

 

⑤KALAHARI DESERT
カラハリ砂漠の壮大な自然とサワン族の職人技からインスピレーションを得ています。

手紬のような糸や太いトップ状の糸、砂漠のような表面効果などが提案されており、粗野な中にも複雑な色の組み合わせや柄が見られます。




 

 

 

【ジャカード】
民族っぽい柄のジャカードが多かったです!





 

 

【レースアップ】





 

 

【光沢糸】





 

 

【ファー加工】
根強い人気です!





 

 

デザインや色など参考にしつつ、2019AWの企画を進行していきたいと思います!

次回は、4年に1度ペルーで開催されるアルパカフェスタの記事を更新予定です!!

2019AW PITTI IMMAGINE FILATI 83

2019AW PITTI IMMAGINE FILATI 83

2018.06.27~06.29 に PITTI IMMAGINE FILATI 83 の展示会に行ってきました。

例年に比べ、フィレンツェは過ごしやすい気候。
日差しは相変わらず強いものの、カラッとした夏の暑さで想像していたよりも快適でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この時期に訪れると、ショップでは大々的に夏のセールが行われているのですが
今年は気温が上がりきらないせいか?ひっそりと値下げしている程度のお店が多かったように感じます。

 

 

 

それでは展示会の様子をご紹介いたします。

 

まずはテーマ
Pitti Immagine 共通のテーマが 『PITTI OPTICAL POWER』。略して『P.O.P』。

夏らしいポップなカラーのストライプやドットが揺れ交わるポスターやモニュメント。
視覚的かつ仮想的な光景を目の前に、私達の視力はより一層鋭くなり、視野は広がり、また新たな視点が生まれる。
現実感に囚われず、自身の構想のままに見て感じて表現して!そんな訴えを感じさせるテーマでした。

 

それからPitti Immagine Filati独自のテーマが『W.W.W』。

 

ここ20年ほどで、時代は急速にアナログからデジタルへと変化してきました。
インターネットの普及やあらゆる技術の向上によって、様々なものが影響を受け大きく形を変えてきたのは皆さんご存知ですね。
たとえばコミュニケーション、たとえば情報、たとえば自己主張、たとえば人との関係性。
そしてファッションのあり方もまた、それらと同じといえます。
クリックひとつで翌日には着たい服が届いたり、好みを伝えるだけでコーディネートが選んだ服をレンタルできたり
スーツを着て写真を取るだけで自分の身体のサイズが全て数値化されたり。
無駄が省けて利便性は高まったように思えますが、それでも身にまとう“衣類”自体の存在は未だなくなっていませんね。
喜びや悲しみといった感情を、絵文字やスタンプ一つで表現する時代になってしまいましたが
そんな時代だからこそ、“ニット” が “着ること” を、またそれに伴うメッセージを表現するアイコンの一つとして
これからも存在すべきなのではないかと感じました。

 

続いてカラーです。

ぱっと見て、いろいろな色味やトーンのドットが集まって、拡大したデジタル画面のように見えませんか?
そんなところからも先程のテーマを感じます。
色味はどちらかというと暖色系が多め、トーンは毛糸玉でありそうなソフトなものが豊富です。
その中で点々と目立つネオンカラーも、デジタル感を強調しますね。

 

また、各糸メーカーのリコメンドカラーとして多く挙げられたのが、赤みのあるパープル。
さらに、ベージュやマロンなどの落ち着いた色に、赤やマスタードなどのアクセントカラーを合わせた配色がおすすめだそうです。

 

次に素材状況・傾向ですが、昨年からウールを筆頭に全体的な原料高騰が続いているため、各社糸の値上がりを避けられないという厳しい状況です。
それでも糸メーカーは糸を売らなければなりませんし、アパレルメーカーは糸を買わなくてはなりませんよね。
そこで、値上がりをカバーするための新しい打ち出しが各社で見られました。

たとえば
・人気糸の廉価版提案(かといって闇雲に品質を落とすのではなく、良質さは残しつつ扱いやすくなった!イメージ)
・ストックアイテムの拡大や、ストックカラー数の増加
・カシミヤなど高級素材を取り入れた新しい糸の提案
・ラグジュアリーラインの立ち上げ

などなど……。
とても難しい状況ではありますが、ピンチをチャンスと捉えて新しい企画、提案をしていけたらと思います。

 

 

最後にです。
前回の春夏に引き続き、ラメ、スパンコール使いや、さらにはシルクやリヨセルを使用した光沢糸が多くありました。

 

カラフルな絣糸、プリント糸、カラーネップなども継続です。

 

また、サスティナビリティー、トレーサビリティーなどといった、環境や社会への影響を配慮した『エシカル』への関心も一層高まり、エコやオーガニック、リサイクルを謳った素材、糸もかなり増えていました。

 

 

いかがでしたでしょうか?
次回は9月の上海SPIN EXPOです。お楽しみに。

 

初出展!国際アパレルEXPO 春 2018.04.04-04.06

初出展!国際アパレルEXPO 春 2018.04.04-04.06

皆さんこんにちは。

 

今年創立20周年を迎える三和ジャパンですが

20周年目にして初めて、アパレルの展示会に出展してきました。

今回はその様子をご紹介いたします。

 

我々の初出展となる展示会、その名も国際アパレルEXPO。

日本最大のファッション展といわれる“ファッションワールド東京”を

バッグやシューズ、生地・素材、アクセサリーなどのカテゴリーと共に構成する展示会です。

東京ビッグサイトで3日間に渡り開催され、アパレルEXPOは今回で第5回目の開催とのことでした。

 

今まで何度か糸や工場の展示会には足を運んで来ましたが、いざ出展側となると話は別。

何をどれだけ準備したら良いのか、レイアウトは?什器や搬入は??お客さんはたくさん来てくれるの???

たくさんの不安と期待をサンプルと共にパッキンに詰め込んで3日間挑んで参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分からないながらも見よう見まねで工夫して作ったブースのレイアウト。

しばらくこの状態で進めていましたが、少し寂しいかな?と思い・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁にも商品を掛けて、遠目からも色々な製品を見てもらえるようにしてみました。

今回は様々な素材やデザインを見てもらおうと色々なサンプルを展示しましたが

次回はもっとカテゴリーを絞って、特に三和ジャパンが得意とするカシミヤやアルパカ、イタリー糸などを

深く見ていただくのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブース正面では三和ジャパンの豊富な素材背景をアピールするために

愛らしいアルパカ人形と、ペルーやタスマニアなど現地で撮影した写真の数々でお出迎え。

このアルパカくんたちが素晴らしく人気を集め、そのおかげで足を止めたりブースに入ったりしてくださる方が多くいらっしゃいました。

 

 

 

初めての経験のせいか、3日間の展示会はあっという間に終わってしまいましたが

今まで出会うことの無かった沢山の方と知り合い、名刺交換や商談をさせていただいて、非常に有意義な時間となりました。

中には早くも名古屋本社来訪のご連絡をくださる方も居て、本当に嬉しい限りです。

 

また新規のお客様だけでなく、既存の取引先様や糸メーカーの方、検査機関の方などもブースに立ち寄っては声を掛けてくださり

三和ジャパンはとても多くの方に支えられているのだと改めて実感する機会にもなりました。

 

弊社ブースを訪れてくださった皆さん、ありがとうございました。

 

 

さて、大切なのはこれからで、新しいお客様にもご満足いただける企画提案、製品づくりをしていくのが私達の役目です。

これからますます気合を入れてがんばらなくてはなりませんね!

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

最後にお知らせです。

2018年4月25日(水)~4月27日(金)に開催される IFF MAGIC JAPAN にも三和ジャパンが出展いたします!

開場時間は10:00~18:00(最終日は17:00まで) 場所は東京ビッグサイト西館です。

今回よりも更に良いブースを作って皆様をお待ちしておりますので、是非お立ち寄りください!

 

それでは次回のレポートもお楽しみに。

 

2019SS 上海SPIN EXPO

2019SS 上海SPIN EXPO

3/13~3/15まで開催された上海SPIN EXPOに行って参りました!

今回で二回目の参加です。

初日より二日目の方が人が多く賑わっていました。

 

今回のテーマは・・・・

①RADIANCE  輝き

②IKEBANA

③MAHOGANY  植物

④GEODESIC  測地線の

⑤STRELITZIA  単子葉植物

で、それぞれ糸やスタイルで表現されていました。

 

 

 

 

最も多かったカラーがピンクとパープルでした。

ピンクのトーンはオーキッドピンクやピーチピンクくらいまでの薄いカラーに、ライラックやラベンダー辺りのパープルです。

 

 

 

 

次に多かったのはカーキとパステルイエロー

春夏らしい爽やかなカラーバリエーションで、単純単色ではなくブレンドされた斬新なカラーばかりでした。

 

続いてトレンドヤーンは・・・

ラメやスパンコールが付いたもの、チュール素材や綿のペーパーヤーン

小さいループものにポップコーンヤーンです。

どれも見映えする、着用すると明るい気分になれる糸ばかりだと思いました!

 

最後にテキスタイルです。

断然、涼し気な透かし柄が多かったです。

 

あとは暖色にパステルカラーがプラスされたマルチボーダー

ラメのインターシャニット。

 

これから春物のショッピングが楽しみですね!

これを読んで頂いた方が参考にしていただければ冥利に尽きます😊

 

 

 

続いては原毛工場視察についてアップするので、

ぜひそちらも閲覧してください~

 

2019SS PITTI IMMAGINE FILATI 82

2019SS PITTI IMMAGINE FILATI 82

2018.01.24~01.26 に PITTI IMMAGINE FILATI 82 の展示会に行って来ました。

フィレンツェは天気もよく、日本より暖かかったです。
今回は2019SSに向けての展示会です。
2018年になったばかりで、今年に入ってまだ春物にも袖を通していませんが
気持ちだけは前のめりに!企画張り切っていきたいと思います。

さっそく展示会の様子をご紹介します。

 

THEME

今回のテーマは「RAW」= (直訳すると)生の、加工していない、未熟な、粗野な、etc… という内容。
「賢すぎず、野蛮すぎず、ありのままの姿」が理想で、何にでも変容できる可能性と想像力をはらんでいます。
PCやスマホの画面ばかり見ていないで、裸になって、もっとモノの本質と向かい合おうという投げかけなのかもしれません。

欧米では浸透してきた「トレサビリティ」や「サスティナビリティ」、「エシカル」、「オーガニック」、といった言葉も
日本では、まだまだファンションにおいて実感できることって少ないですよね。

「RAW FOOD」という言葉が既にありますが
口にするものだけでなく、肌に触れるもの(衣)にもセンシティブになっていこうという流れが
今後も世界的に広まっていくのかもしれません。

 

COLOR

次はトレンドカラーについてです。

「RAW」がテーマなだけあって、夏らしい鮮やかな色と言うよりは曖昧な色が多い印象です。
特にダスティーピンクの種類が揃っています。
ブラウンのバリエーションも特徴です。

 

YARN

今回の展示会でとにかく目立ったのは光沢糸とミックスカラー!
素材も合成繊維の方が優勢で、綿や麻の存在感はあまり感じられませんでした。





 

STYLE

最後にスタイル。
ロングボトムを着て縦のラインが強調されたスタイリングが目立ちました。

 

 

次回の更新は上海SPIN EXPOです。

2017.11 島精機55周年パーティ

2017.11 島精機55周年パーティ

こんにちは。

今回は11月に和歌山県で開催された島精機の55周年パーティについてレポートです。

 

 

ニット業界で知らない人はいないであろう、島精機。

ニットのデザインから設計、編立てにまつわる最新の機器やシステムを日々開発、発信している有名企業です。

定期的にバングラデシュの工場を視察している私ですが、今や『SHIMA SEIKIを導入した』というのが

良い工場としてのステイタスの一つになっているように思います。

 

 

それでは、そんな大企業の55周年パーティの一部を皆さまにもご紹介いたします。

 

*****ーーーーー*****ーーーーー*****ーーーーー*****ーーーーー*****ーーーーー*****

 

島精機の技術をフル活用したサンプルたちは、どれも驚くほど素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニットとは思えないほど繊細で上品なドレスや

 

 

まるで織物のような編み地のコート。

 

ニットのメンズシャツも品があって素敵です。

 

華やかな刺繍のGジャンかと思いきや、なんと刺繍そっくりのプリントでした!

 

 

サンプルと一緒に、島精機のシステムによるメリットのアピールもわかりやすく展示されていました。

 

 

また、ここでは訳あってお見せできませんが、最新の機械も多く展示されており

デモンストレーションのブースは非常にたくさんの人で賑わっていました!

 

そんな中でも今回特に驚いたのは、三次元計測装置なるもの。

たった1秒の撮影でモデルの体型を計測し、そのデータをプログラミングシステムに転送

さらに自動で生成されたデータを編み機に転送し、そのまま編み立てが開始されるのです。

ニットが完成するまでの時間は撮影からおおよそ1時間程度!

自分の体型にぴったりとフィットするニットなのでストレスもありません。

 

近い将来、ショッピング中に計測し他のお店をまわっている間にニットができあがっている

なんていうシステムが実現するのかもしれませんね。

 

 

 

一通り展示ブースを見終わったあとは、豪華なショーがありました。

スーパーモデルたちによるファッションショーはテレビや雑誌でよく見るコレクションそのもの。

(ただ、すみません。あまりにもショーに見とれすぎて写真をまったく撮っていませんでした……。)

 

この他にも招待客をもてなす素晴らしいパフォーマンスの数々、圧巻でした。

 

*****ーーーーー*****ーーーーー*****ーーーーー*****ーーーーー*****ーーーーー*****

 

普段めったにパーティになどにはお呼ばれしない私にとっては大変貴重な体験でしたが

何よりも島精機の高い技術力と、常に新しいことを生み出そうとする姿勢に刺激を受けました。

 

そんな立派な島精機の自動機は、我が社のミャンマー合弁工場にも設備されています。

今後はより一層、機械のポテンシャルをフルに活かせる製品の企画、生産に努めていきたいと思います。

 

この場を借りて島精機関係者の皆様に御礼申し上げます。

また、このレポートを最後まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました。

 

次回のレポートもどうぞお楽しみに。

 

2018-19AW 上海SPIN EXPO

2018-19AW 上海SPIN EXPO

8/29~8/31に18-19AW 上海SPIN EXPOに行ってきました!
私ごとですが、初の糸の展示会でワクワクドキドキ・・・|д゚)*.゚*

会場もとても広かったので迷子になりそうでした・・・(笑)

やっぱり糸や服に囲まれていると気分が高まりますね!

それでは、展示会の様子を紹介させていただきます

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

①カラー

今回は環境や自然、近未来を感じさせるテーマとなっていました。

そのため、くすんだカラーや自然な優しい色味

全体的にグレーの割合は減り、ぬくもりを感じるようなベージュや

マスタード・オレンジなどの暖色系

木々を連想させるようなグリーン系が多く見られました。

 

 

②糸・編地

*Chenille(モール/毛虫糸)

モールが大量発生!!!今年のベロア! 来年はモール!?な予感です!

全体にモールを使うのも良し、他の糸と掛け合わせて使うも良し!

 

*ファー/モヘヤなど毛足が長いもの

ここ最近人気が続いているファー

ふわふわしていて、触り心地も良いのでみなさんはきっとお好きなはず・・・♡

 

*ブークレ(表面にループが出るように加工された糸)

最近店頭でもよく見かけますよね!

来年は収まりの良いタイプのブークレーが増える予感です!

*Metallic(ラメ)

キラキラしてるものには目がないですよね~

アイテムのひとつにラメが入ってるだけで、華やかになるので

来年はちょっとだけでも取り入れてみてはいかがですか(*^-^*)?

 

*ツイード

ツイードと言えば、シャネルツイードを彷彿させますよね!

Pittiの展示会にも出てきていましたね!

来年はツイードアイテムをひとつ持っておくと、おしゃれ度UP!!!

*立体的な編地

立体的なジャカードやパイル生地を使った刺繍など

おもしろい編地がたくさんありました!

 

③素材・機能性

リサイクルポリエステル(繊維製品やペットボトル、フィルムクズを原料として、作られた再生ポリエステル)

アンチバクテリア(抗菌)

VILOFT(ドイツ生まれのレーヨン。100%天然由来・軽量・柔らかい・保温性・通気性が良いetcの特徴を持つハイテック繊維)

THERMO LITE (保温性・軽量etcの特徴を持つ素材)

COOL MAX(クール&ドライ・吸湿速乾・通気性etcの特徴を持つ素材)

その他にも、撥水加工 やコーヒー豆をリサイクル!?したものなどなど

環境に優しいものから機能性を重視したものも多く見られました。

見た目や触り心地だけでなく、なにかプラスαあるとさらに魅力を感じますよね!

 

④スタイル・ディテール

*フリル

フリルはまだまだ人気!ボリューミーなフリルから繊細なフリルまで幅広く展開

 

*クロップド丈

体にフィットした短めなトップスが主流

 

*ウエストマーク

今年に引き続きウエストマークも継続!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

最近はトレンドの移り変わりが早いので、

旬な糸や素材・旬なアイテムをいかにその時に取り入れれるかが

大事になってきますよね!

これから何を着るか想像するだけで楽しみですね(*^-^*)

それでは!

次回の展示会は19SS Pitti  です。

2018AW PITTI IMMAGINE FILATI 81

2018AW PITTI IMMAGINE FILATI 81

2017.06.28~06.30 に PITTI IMMAGINE FILATI 81 の展示会に行って来ました。
カラッと晴れて良い天気の中、展示会は開催されました。
展示物や各ブースに人が溢れており楽しく賑わっていました。

それでは展示会での情報をご紹介させていただきます。

 

トレンドカラー

トーンはネオンカラーとスモーキーカラー
特に、ロイヤルブルーやラベンダーよりのピンク。新色にグリーンティーなどが
登場します。

 

トレンドヤーン

 

一つ目にリリーヤーン モール素材の糸

 

 

二つ目にツイード、細かいループのブークレ素材の糸

 

他にも斬新素材の打ち出しで

 

 

モヘヤ混にスパンコールを散りばめた糸やラメ糸、綿飴のように柔らかい光沢感のあるファンシー素材がありました。

 

続いて、デザイン

こだわりのあるMIX編み地や面白いJQを載せます。

 

 

モール素材のJQニットはモコモコして暖かそうです。

 

 

プリントニットもたくさんありました。

カラフルな花柄がとても綺麗でした。

 

最後にディテール です。

 

SSに続いてAWも肌見せの傾向があります。

さり気なく肩を見せてセクシーさをアピール。

アシンメトリーやフリルをふんだんに使ったデザインは華やかです。

 

今回の展示会で印象的だったのは、落ち着いたカラーや素材が主で、ちょっとした部分にファンシーだったりラメ糸をMIXさせて、さり気なさをアピールするのが多かったです。

これから先取りで秋冬のファッションにトレンドカラーやポイントを取り入れて楽しみたいですね!

 

 

次回の展示会は18AW上海エキスポです。

 

1 2